プロフィール

デイビット・L・ベンソン、 代表取締役社長

23年間、最先端技術のリモートセンシングシステムなど、様々な製造会社の再生、合併、立ち上げなどに携わる。テクノロジー、締結、ライセンス供与などの財政運営での手腕を発揮し、アジア、北米、南米、ヨーロッパでの海外営業での実績を持つ。過去の実績として(i) NewStart Healthcare Corporationの会長として財務を再編成し、会社売却の成功を収める。(ii) 破産危機にあったGolden Coast Nurseryを買い取り、再編後、2002年にSun Valley Floral Farmへの売却を成功させる。(iii) 財務部長、マーケティング部長としてDatron Transco(現在L3 Communications所有)で企画書の作成、契約交渉に携わり、世界中での契約成立に導く。(iv) 車椅子製造会社のEverest & Jenningsでは企業の再編成を進め、国内市場での拡大、病院用ベッドの製造会社のSmith & Davisとの合併に携わる。Deloitte & Toucheでは上級監視役としての役割を果たす。氏は航空宇宙、防衛関係の製造を専門とする他、防衛省での政府最大級のプログラムに監視役として関与した経験を持つ。カリフォルニア州立大学理学士号取得、経営管理学を専攻。

 

ローランド・ハンソン、グローバル・コミュニケーション、事業開発担当責任者

Neutrogena Corporationの元国際マーケティング担当副社長。ビル・ゲイツ氏から個人的にスカウトされ、マイクロソフトの初代マーケティング管理者になる。1982年、氏は企業広報担当副社長に任命され、ブランド戦略を確立、マイクロソフトの最も有名なグラフィックインターフェイス、”Windows”の名付け親となる。氏が確立した戦略によりマイクロソフト、Windowsのブランドは世界的な存在になる。現在も氏は、世界中の人々の生活向上活動に取り組んでいるマイクロソフト同窓会、ゲイツ財団での活動を通じてマイクロソフト社との関係維持を保つ。ロヨラ大学より経営学士取得、ペンシルバニア大学ウォートン・スクールにて優秀学生として表彰され、経営学修士(MBA)を取得。

 

 

©2013-2014 eSurface. All Rights Reserved.